GC HELLO TREND MASTER(R)

投資に役立つ機能

動画の画面を拡大する場合には「タイトル」または「全画面ボタン」をクリックしてください。

投資な毎日トップへ製品一覧へ「GC HELLO TREND MASTER(R)」製品紹介サイトへ

3月期新決算が発表開始!好決算発表銘柄をチェック
(2016/04/20)

3月期決算の新決算発表がそろそろ始まります。この時期になると増えてくるお客様からのご質問で、決算に関するお問い合わせが目立ってきます。今回は決算発表日の調べ方と発表された決算データの調べ方についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

株価が動くタイミングを捉えるために「今」できること
(2016/04/18)

株価が動く要因はいろいろとあります。私たちが今(2016年4月)に「やるべきこと」とはどのようなものでしょうか。実例を挙げながらお話ししましょう。
ナビゲーター:盛田

3月期決算の決算発表日迫る! 株価の動きと決算の進捗率に注目して銘柄を探す
(2016/04/06)

今回は、3月期決算の新決算の発表が近づいてきたので、投資対象となる銘柄を探すときに、ぜひチェックをしていただきたい進捗率についてご紹介します。
ナビゲーター:中村

女性の活躍を支援する企業「なでしこ銘柄」4度目の更新です!
(2016/03/18)

東京証券取引所は、女性の活用を積極的に進めている上場企業45社を「なでしこ銘柄」に選んだと発表しました。4回目の選定となる今年度は、選定対象を従来の東証一部上場会社から、2部、マザーズ、JASDAQの上場会社まで拡大し、女性管理職比率を開示している会社について、女性活躍に関するスコアリングを実施するとともに、財務指標(ROE)によるスクリーニング等を行い、28業種から45社を選定しています。これらの銘柄は、長期的な視野に立って見ていくという位置付けがいいのではないかと思います。女性の活躍できる環境を整備している企業ということで、業績などとはまた違ったファンダメンタルなアプローチとして考えてみましょう。
ナビゲーター:青木

2017年3月期決算で第3四半期の発表と合わせて通期の決算を上方修正している銘柄を確認
(2016/02/03)

3月期決算銘柄の第3四半期の決算発表が始まりました。そして第3四半期の決算を発表した銘柄の中には、合わせて通期の決算を上方修正する銘柄もあります。今回はそのような銘柄に注目をしたいと思います。
ナビゲーター:中村

2016/1/20(水) バージョンアップ!決算配当金が株式分割による修正に対応
(2016/01/20)

本日1月20日(水)夕方に、決算配当金の株式分割による修正に対応いたしました。
GC HELLO TREND MASTER(R)とGC OPTICAST~投資で暮らそう~でご覧いただけます。
今回はバージョンアップを行った内容を詳しく説明いたします。
ナビゲーター:中村

株式投資は、こだわりの銘柄を持とう!
(2015/11/13)

今 回は、ご自分のこだわりのある銘柄で投資をしましょうというお話しです。株式投資の対象は全上場銘柄ですが、どの銘柄に投資するかは投資家の方々によって まちまちです。人気のある銘柄から、あまり顧みられない銘柄まで様々、それは、出来高にもあらわれてきます。時期によっても違ってきます。夏に人気化する 銘柄があれば、冬に買われる銘柄もあります。しかし、全銘柄にアンテナを張ってチェックするのは大変な事です。そこで、GC HELLO TREND MASTER(R)がお役に立ちます。投資対象をご自分がこだわっている銘柄に絞っておく。こだわっているからこそ、その銘柄の株価の動きもよくわかるの ではないでしょうか。
ナビゲーター:青木

本日「関連銘柄検索」に新機能を追加しました!
(2015/10/22)

「関連銘柄検索」に新機能を追加しました。関連銘柄検索で選び出した銘柄をダイレクトにグループに登録する機能です。数値データからの絞り込みは勿論のこと、文字データからの絞り込みと、よりきめの細かいグループ作成が可能になり、銘柄へのアプローチの幅が更に広がります。更に、選び出された銘柄からダイレクトにその企業のHPにもアクセスすることができます。
ナビゲーター:青木

年初来高値銘柄と年初来安値銘柄を探す!
(2015/10/02)

株式市場が大きく動くような時、「新高値、新安値」銘柄、「年初来高値、年初来安値」銘柄というのをよく耳にしたり、株式関連の記事の中で見受けたりします。過去の一定期間における最高値を抜いたときに「新高値」が使われます。上場以来であれば「上場来高値」、その年の始めからであれば「年初来高値」となります。安値も同様です。GC HELLO TREND MASTER(R)でも検索ができるので、ご紹介しましょう。
ナビゲーター:青木

ボルテックスで東京市場を俯瞰する
(2015/08/31)

「東京市場を俯瞰する」ということは、最終的には個別銘柄を分析していくことを意味するでしょう。今回は、相場全体を流れを一目で捉えながら、さらにそれらの分布も把握することができる「ボルテックス」を用いながら分析しましょう。
ナビゲーター:盛田

個別銘柄の株価水準を「弾性値」で確認する!
(2015/08/20)

今回は「弾性値」を使って、個別銘柄の株価水準について見ていきましょう。個々の銘柄がどんな動きをしているのかを調べるときに、ただ単に株価が上がった下がったではなく、何か基準となるものを決めて、その基準と比較して、個々の銘柄がどんなパフォーマンスをしているのか、と考えると分かりやすいかもしれません。ここで、基準となるものとして「弾性値」を利用します。「弾性値」とは、指標と個々の銘柄の一定期間の上昇率を比較したものです。例えば日経平均の動きと個々の銘柄を比較して、その銘柄の、日経平均に対するパフォーマンスの優劣を判断したりします。市場全体と個々の銘柄の強弱感、指標同士の比較、同じ業種の銘柄同士を比較するなど、応用方法はいろいろ考えられそうです。
ナビゲーター:青木

「JPX日経インデックス400」構成銘柄の
入れ替えについて
(2015/08/14)

指数「JPX日経インデックス400」の構成銘柄が入れ替わります。1年に1回、定期的に銘柄の見直しを行い、8月の最終営業日(8/31、月曜日)に入れ替えが行われます。今回が、スタートしてから2回目の入れ替えになります。43銘柄が追加され、42銘柄が除外されます。追加される銘柄と除外される銘柄を登録して、株価の動きをチェックしてみるなど、入れ替わるまでのこれらのチャートの動きに注目してみても面白いかもしれません。日経225にも選ばれているか否かなど、構成銘柄400の内訳を確認してみるのもいいでしょう。いろいろグループ化できます。勿論、検索の対象として選んでいただくこともできます。
ナビゲーター:青木

GC HELLO TREND MASTER(R)は
Windows10に対応
(2015/07/29)

本日、WINDOWS10のインストールプログラムの提供が開始されました。GC HELLO TREND MASTER(R)をお使いのユーザーの皆様も新しいWINDOWS10を心待ちにしていたのではないでしょうか。弊社では、この日に備えて「GC HELLO TREND MASTER(R)」の対応プログラムをすでにお送りしております。GC HELLO TREND MASTER(R)は毎日のデータ更新でこのようなプログラムを送信できるようになっております。いつものように開いて使用していただくだけで、今までと全く同じ要領でお使いいただけます。非常にカンタン!というより何もしなくていいという、お客様を第一に考えた商品です。
ナビゲーター:中村

銘柄選びをする際のアドバイス!
(2015/07/23)

銘柄を選ぼうとした時に考えることといえば、株価が順調に推移している銘柄や上昇トレンドにある銘柄、逆に下降トレンドにある銘柄など様々です。そして、その銘柄の置かれている状態によって、捉え方も違ってきます。選び方は多様ですが、該当する銘柄を選び出すには「銘柄検索ツール」を活用することになります。しかし「銘柄検索ツール」を使うといっても、前もって自分のイメージするところをある程度は明確にしておいた方がいいでしょう。そのほうが、あらかじめ準備されているメニューから選ぶにしても、より具体的な選択ができるようになります。
ナビゲーター:青木

勘所を押さえて、テクニカル指標の
パラメーターを設定しよう!
(2015/07/02)

テクニカル指標で売買タイミングを捉えようとした時、パラメーターが重要になってきます。パラメーターひとつで、タイミングも変わってきて、損益にも影響を及ぼすことになります。10のテクニカル指標があれば、10のパラメーター、あるいは、それ以上のパラメーターが存在します。パラメーターは常に一定にしておく、という考え方もあれば、株価の変動などを考慮して、状況により変化させる、いわゆる最適化と呼ばれるものなどいろいろです。銘柄ごとに、テクニカル指標ごとに、是非、最適なパラメーターを見つけてみましょう。
ナビゲーター:青木

「今週の特集」で掲載した決算銘柄を検証
(2015/05/20)

3月期の決算発表がほぼ出揃いました。この決算発表で良い成績を出した企業を探して、その銘柄に投資をされている方は多いと思います。ゴールデンチャート社でも、特集のページで3回に渡りご紹介をしておりました。こちらは週刊「ゴールデンチャート」、GC OPTICAST~投資で暮らそう~、GC HELLO TREND MASTER(R)でご覧いただくことができます。
ナビゲーター:中村

月足チャートで急がず焦らずに投資を考える!
(2015/05/01)

今 回は「月足」について考えてみましょう。月足とは、1ヵ月間の株価の動きを1本のローソク足で現したものです。1ヵ月の間の始値(月初)、高値、安値、終 値(月末)で作られます。1本のローソク足に1ヵ月の株価の動きが凝縮されているのです。日々の少々の値動きは、ローソク足の高安の中に吸収されてしまい ます。大きな流れの中で捉えなければなりません。投資戦略をたてる際に、目先の動きに振り回されない、長期的な観点にたって分析する必要があります。
ナビゲーター:青木

注目のテーマでグループを作成して
銘柄を分析しよう
(2015/03/31)

これから投資をしようと考えたとき、重要なことは、どの銘柄に投資をするかということです。例えば、買いサインが出た銘柄を探し出すといったように、テクニカル指標を使用した方法もありますし、好業績の銘柄から探し出すといったファンダメンタルズ分析を使用した方法まで幅広い方法があります。
その他にも好調な業種や注目のテーマ株でグループを作成することもできます。テクニカル指標や好業績などの銘柄を、スクリーニングで探し出すことが銘柄探しのように思えますが、業種やテーマ株で絞るのも銘柄探しの一つです。そのような中で今回は、注目されているテーマ株で銘柄を探してみたいと思います。また、ゴールデンチャート社では、注目のテーマ株を定期的に見直しを行っています。見直しを行ったテーマ株は市況画面のGCNEWSに表示されるようになっています。
ナビゲーター:中村

女性の活躍を支援する企業
「なでしこ銘柄」を確認!
(2015/03/27)

女性の活用を積極的に進めている東証一部上場企業40社が「なでしこ銘柄」に選ばれました。今回で3回目になります。24年度:17社、25年度:26社、26年度:40社です。「なでしこ銘柄」は、①女性のキャリア促進、②仕事と家庭の両立支援、この二つの側面からスコアリングを行い、さらに各業種上位企業の中から財務面(ROE)の基準を満たした企業を選定しています。女性の活躍できる環境を整備している企業ということで、業績などとはまた違ったファンダメンタルなアプローチとして考えてみましょう。
ナビゲーター:青木

株価が大きく動く銘柄を毎日チェック!
(2015/03/26)

大きく動いた直後の株価は、傾向として一体どんな動きをするのでしょうか。明日の動きは分かりませんが、過去にさかのぼって、シミュレーションすることはできます。そこで傾向を読み取ることができれば、その後の投資の参考とすることもできます。毎日、スクリーニングを一つだけ実行して、データを蓄積します。いわゆる「検証作業」と呼ばれるものです。この作業をすることによって、一連の株価の動きの傾向を確認して、その後の株価の動向を判断するうえでのひとつの材料とするのです。少しいい結果が出たからといってすぐには行動せず、納得がいってから投資されるほうがいいと思います。慌てずに、しかし、決断は早目にです。
ナビゲーター:青木

3月末の期末配当に狙って銘柄を探そう
(2015/03/10)

投資をされる方の中には配当を狙って、売買をされる方もいらっしゃると思います。
ちょうど3月が決算期の銘柄は一番多いですので、ここで配当利回りの高い銘柄を探して売買をされる方も多いと思います。
そこで今回は高配当利回りの銘柄を探す方法についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

ボラティリティ(価格変動)の
大きな銘柄を探す!
(2015/03/05)

投資で利益を得るためには、それ相応に株価が動いてくれないと困ります。動きの大きさにもよりますが、多少なりとも上げ下げが必要です。そんな銘柄を探すには幾つか方法がありますが、今回は「標準偏差ボラティリティ」を使って、価格変動の大きな銘柄を探してみましょう。ボラティリティとは、一般的に価格変動の度合いを示します。「ボラティリティーが大きい」という場合は、価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、価格変動が小さいことを意味します。そして、どう変動リスクと向き合うかが大切だということになります。
ナビゲーター:青木

好調な業種から上昇トレンドに
乗っている銘柄を探そう
(2015/03/03)

日経平均は18000円を超えた後も順調に推移して、現在では19000円に届くところまで上昇しています。日経平均などの全体を示す指数がこれだけ上昇をしていますので、個別銘柄も上昇をしている企業が多いのではないでしょうか。もしこのまま上昇するとすれば、日経平均と同じように好調な銘柄に注目するのも一つの方法ではないでしょうか。今回は好調な業種を探して、その中から好調な銘柄を探してみたいと思います。
ナビゲーター:中村

「目標値到達チェック」で上げ下げのメドを知る
~自由入力編~
(2015/02/27)

今回は「目標値到達チェック」で上げ下げのメドを知る~自由入力編~です。目標値到達チェックは、あらかじめ設定された株価に到達した時に、お知らせをしてくれる機能です。更に、銘柄の設定をしておけば、売買サインが点灯した時にもお知らせしてくれます。数値やサインは自動で設定されますが、自分で設定を決めていきたいというユーザーの方々もいらっしゃいます。ご自身で決めた「利食い、損切」のルール、買い値から上下に何%というようなルールをお持ちならば、そのようなニーズにもお応えできるように作られています。この先どう動いていくのだろう、といろいろ予測します。チャートのリズムを見ながらメドを考える、これも株式投資の楽しさであります。ご自分のスタイルに合わせて、自由に入力してください。
ナビゲーター:青木

「目標値到達チェック」で、上げ下げのメドを知る
~最適化売買サイン編~
(2015/02/13)

目標値到達チェックは、あらかじめ設定しておいた株価に到達した時にお知らせをしてくれる機能です。そして更に、銘柄の設定をしておけば、売買サインが点灯した時にもお知らせしてくれます。目標値を「利食いアラート」「損切りアラート」として活用するなど、応用は様々です。今回は、最適化売買サインの目標値についてご案内していきましょう。
■「目標値到達チェック」で、上げ下げのメドを知る~フィボナッチ編~はこちらからご覧ください。
ナビゲーター:青木

「目標値到達チェック」で、上げ下げのメドを知る
~フィボナッチ編~
(2015/02/05)

目標値到達チェックは、あらかじめ設定しておいた株価に到達した時にお知らせをしてくれる機能です。投資家は、チャートを見ながらいろいろと思いをめぐらします。順調に上昇している株価チャートを見ながら、どこで上げ止まるのか、あるいは、下降トレンドにあるチャートを見ながら、一体どこまで下げれば気が済むのか、などと気を揉むこともしばしばです。そんな時、上げでも下げでも、目安があれば売買の判断をする時に助かります。目標値到達チェック機能を利用して「目安」を確認してみましょう。
ナビゲーター:青木

GCVでシンプルに投資の判断をする!
(2015/01/29)

GC HELLO TREND MASTER(R)では「GCV」を二通り表示しています。周期が固定された「GCV」と、周期を銘柄毎に最適化した「GCV」の二種類。そして、GCVには、2つの分析手法があります。1つは、周期を銘柄毎に最適化し、そのクロスで売買タイミングを捉える「GCV最適化サイン」です。もう1つはGCVの水準をもとにした分析手法です。ここでは、水準を使った分析手法について解説します。ローソク足とGCVの波長がうまく合っているかどうかの確認も必要です。あまり小刻みに描かれたGCVは、その時点でのローソク足と波長が合わないと考えましょう。チャートに描かれたGCVを見て、株価の勢い、方向性を判断します。
ナビゲーター:青木

自己資本利益率「ROE」が
注目されている!
(2015/01/22)

今、改めて、自己資本利益率「ROE」が注目されています。「ROE」とは、株式投資の指標のひとつです。最終的な儲けである税引き益を純資産(自己資本)で割って求めます。株主から集めた資金や内部留保をいかに効率よく使い、利益を上げているかを示す指標「ROE」の高い企業は、財務内容も堅実であるとして、投資の対象としてもいいと考えられます。外国人投資家も、この「ROE」を重視しています。上場企業は経営目標のひとつに「ROE」を高めることをあげているようです。
GC HELLO TREND MASTER(R)で見ようとした時、チャートを表示して「企業業績情報」で確認できます。簡単にスクリーニングも出来ます。検索条件を選ぶだけです。自分で設定する必要はありません。新たに決算が発表されるシーズンには、毎日いろいろな企業の業績データが更新されます。これは時々チェックしたい項目ですね。
ナビゲーター:青木

週刊ゴールデンチャート全銘柄週足集の
業績修正ワンコメントと
ハローチャートメモ機能
(2015/01/16)

チャート誌面の業績修正一覧のページに「業績修正ワンコメント」の掲載を追加しました。数値の変化をデータとしてご提示することは情報提供の大切なところです。しかし数値だけだと、増収、増益、減収、減益……は分かりますが、そのようになった背景がわかりません。ワンコメントでもあれば、もっと理解しやすいのではないでしょうか。
GC HELLO TREND MASTER(R)のチャートメモ機能でも確認することができます。この中に、「業績修正ワンコメント」も反映させるようにしました。こちらも従来の「ハローチャートメモ」同様、お役立てください。
ナビゲーター:青木

企業の決算発表の数値を
予測してみましょう!
(2015/01/08)

第3四半期の決算が発表されると、次は期末です。第3四半期までの業績の進捗率がどうなっているのか、それによって期末の業績もある程度、予測ができるのではないでしょうか。企業が発表する前に、事前に準備(データの分析)をしておき、予測を立てておくということです。
ここで、銘柄スクリーニングを利用します。銘柄スクリーニングは、いろいろな条件で銘柄を絞り込んでいくのが本来の機能ですが、計算して答えを導き出すために利用するという活用法もあるんです。ご自分の関心のある銘柄を登録しておいて、その登録グループでスクリーニングすれば、それぞれの銘柄の進捗率を求めることができます。その進捗率の数値をみて、期末の決算発表を予測する・・ということになります。
ナビゲーター:青木

JPX日経インデックス400先物の発表が
スタートしました
(2014/11/26)

昨日、2014年11月25日(火)よりJPX日経インデックス400先物が大証より発表が開始されました。それにより、GC HELLO TREND MASTER(R)・GC OPTICASTでも昨日の確報からご覧いただけます。まだ始まったばかりで足は1本しかありませんが、注目を浴びている情報ですので、ぜひ覚えておいてください。
ナビゲーター:中村

業績好調なJPX日経400種銘柄に
注目してみる!
(2014/11/21)

日銀は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用で、従来のTOPIXに加えて、JPX日経インデックス400を追加することを決定。今後、このJPX400採用銘柄がますます注目されることになりそうです。
そこで「日経225種に非採用」のJPX400採用銘柄に注目してみましょう。日経225種の銘柄は、既に多くのファンドに組み込まれていますが、日経225種ではないJPX400採用の銘柄は、ファンド(投信)などに、まだあまり多くは組み込まれていない公算が大きいグループとして、新規買いが期待できそうと考えられます。
そういった銘柄に注目してみてもいいのではないでしょうか。
ナビゲーター:青木

銘柄ユニバースを作成するに
当たって注意すること!
(2014/11/13)

投資しようとする銘柄を選ぶ、銘柄ユニバースを作る場合、どんなアプローチがあるでしょうか。
自分の好きな銘柄にばかり投資すると、結果的に同じようなジャンル(業種)の銘柄が重なってしまう。持っている銘柄が同じような動きをしてしまい、儲かっているうちはいいですが、逆方向に動き始めると、一気に損失が拡大してしまう恐れがあります。昨日のメリットが今日のデメリットに、今日のデメリットが明日はメリットに変わるかもしれません。銘柄選びはできるだけリスクを分散しておくことが大切です。いろいろな観点から銘柄選びをすることが、リスクを分散することにも繋がってきます。
それでは、GC HELLO TREND MASTER(R)を使って、リスク分散を考えながら銘柄ユニバースを作成する手順を追ってみましょう。
ナビゲーター:青木

中間決算発表終了後の
進捗率を確認しよう
(2014/11/11)

11月の今の時期は3月期決算の中間決算発表シーズンに当たります。
今週末で決算がほとんど出揃うのですが、そこで確認をしておきたいのが、決算の進捗率です。
中間決算が終了すると、持ち株が通期との比率の半分に当たる50%を超えているのかどうかが気になります。
また、銘柄を持っていなくても進捗率の大きい銘柄などを調べて、通期を上方修正するのではないか、など第3四半期・本決算に向けて戦略を考えることができます。
そこで今回は決算の進捗率についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

3月期決算の中間決算発表に
備えて銘柄を探す
(2014/10/8)

決算のデータに注目されているお客様は、10月に入ると、10月末から始まる3月期決算の中間決算発表が気になると思います。企業の決算期で一番多い月は3月期ですが、その3月期決算の中間決算の発表が今月下旬から来月中旬ぐいらいまでにかけて行われます。上半期で好調な銘柄は、ここで通期の決算を上方修正する可能性があるのではないでしょうか。そういった銘柄を狙うためには、それらの銘柄が何日に決算発表を行うのかを調べておかなければいけません。そこで今回は決算発表日を調べる方法についてご紹介いたします。
今回ご紹介する決算発表検索は「GC HELLO TREND MASTER(R)」・「GC OPTICAST~投資で暮らそう~」の会員の皆様がご利用いただけます。
ナビゲーター:中村

騰落レシオとタイミングインデックスで
相場の流れを捉える
(2014/8/11)

「さぁこれから株を購入しよう!」というときにはいくつか気を付けなければいけないこ­とがあります。まず1つ、それは銘柄についていろいろ分析を行って納得して購入することです。例えば、業績が良いとか、テクニカル指標で買いサインが出ているとか、上昇しそうなニ­ュースが出ているとかです。ですが、それだけで購入してはいけません。相場には流れというものがあります。
そこで今回は買われすぎ、売られすぎ等の状態や、市場参加者の過熱感を見る指標として­使われる「188騰落レシオ25」と同じように相場全体の流れを捉えることができるゴールデンチャート社独自の指標「30­5タイミングインデックス」についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

新指数「JPX日経インデックス400」の
銘柄入れ替えについて
(2014/8/8)

新指数「JPX日経インデックス400」が2014年1月の始めからスタートしていま­す。400銘柄で構成されていますが、定期的に銘柄の見直しを行い、8月の最終営業日(8­/29、金曜日)に31銘柄の入れ替えが行われます。
今回がスタートしてから初めての入れ替えになります。この指数のチャートは、「GC HELLO TREND MASTER(R)」、「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」どちらも、コード番号「153」でご覧になれます­。注目してみましょう。
ナビゲーター:青木

好決算が発表された銘柄を
チェックする方法
(2014/7/29)

2014年7月23日(水)はこれから発表される第一四半期決算の発表日を調べて、上昇しそうな銘柄をピックアップしようというイメージで決算発表日についてご紹介しました。ですが、決算が良いからと言って上昇するとは限りません。決算発表まで株価が上昇をしていて、好決算が発表されたことで材料が出尽くされ、そこから下がってしまうケースも考えられます。
そこで今回は、決算発表が行われた銘柄で、この決算内容なら上昇するのではないかという銘柄をピックアップする方法、好決算が発表された銘柄について調べる方法をについてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

株価データを表計算ソフトに
取り込みたい
(2014/7/25)

株価データを表計算ソフトに取り込みたいというお問い合わせです。「GC HELLO TREND MASTER(R)」は、株価に関するデータベースになっています。そこには、個々の銘柄の株価から導き出された豊富なデータが揃っています。そして、データとして取り込むことができます。ご自分でデータを加工してみたいと思われたら、一度試してみてはいかがでしょうか。
ナビゲーター:青木

株価に勢いある業種を知りたい
(2014/7/24)

元気のいい、勢いのある業種を知りたいのですが、何かいい方法はありますか?
「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」の中にある「ボルテックス株価水準&タイミング早見表」を利用します。個別はもとより、業種や市場全体の動きが確認できます。市場全体の中から元気な業種を選び、その中から、比較的元気な銘柄も選び出すことができます。
「GC HELLO TREND MASTER(R)」でも可能です。是非ご活用ください。
ナビゲーター:青木

決算発表予定日を確認!
(2014/7/23)

7月も終盤に入り、3月期決算の第一四半期決算の発表が始まろうとしています。通常3月期決算は、3・6・9・12月に締めた決算を、その2か月後の5・8・11・2月に発表いたします。個別銘柄は3月期決算の銘柄が一番多いですので、この時期になると決算が注目されます。今の時期は8月です。ですので6月に締めた第一四半期決算の発表が2か月後8月から始まることになります。3月期決算の株をお持ちのお客様はとても気になるのではないでしょうか。では、決算発表予定を調べよう!と思ったときにどのように調べれば良いのでしょうか。今回は決算発表予定日を調べる方法についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

株価の連動性を検証する!
(2014/6/27)

一口に株価の動きと言っても、いろいろです。全銘柄の中には、同じような株価の動きをするもの、反対の動きをするもの、まったく無関係に動くもの・・と、大きく三通りに分けられると思います。
そんな銘柄を調べてみましょう。
◆「GC OPTICAST ~投資で暮らそう~」では、高機能チャートに、連動性リストが用意されています。似ている動きの銘柄、反対の動きの銘柄、それぞれ10銘柄ずつリストアップされます。
◆GC HELLO TREND MASTER(R)でも見てみましょう。「相関係数」を利用して、同じような動き、反対の動きをする銘柄などを探すことが出来ます。
◆週刊ゴールデンチャート全銘柄日足集(本)においても、連動性リストがご覧になれます。
さあ、皆さまはどれを利用されますか・・
ナビゲーター:青木

銘柄ニュースや注目記事を見る方法
(2014/6/25)

「GC HELLO TREND MASTER(R)」・「GC OPTICAST~投資で暮らそう~」にはたくさんの情報が記載されています。日経平均や個別銘柄のチャートを見ることができるのは、もちろんのこと、決算の情報や財務の情報などいろいろな情報をご覧いただけます
そのような中で、お客様より個別銘柄のニュースや注目記事などを見る場合はどこから見れば良いか?というご質問がありました。
今回は「GC HELLO TREND MASTER(R)」・「GC OPTICAST~投資で暮らそう~」を利用して、どこから見れば良いのかをご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

景気敏感株とディフェンシブ株!
(2014/6/19)

景気敏感株には、紙パルプ、化学、鉄鋼、自動車、電機、機械、運輸産業などの業種の銘柄。企業の収益が、その時々の景気の影響を受けやすい銘柄でもあります。景気回復や景気拡大の局面においては、他の業種よりも値上がり率が大きくなる傾向があり、景気後退局面では、逆に他の業種より下げが大きくなる傾向にあります。
ディフェンシブ株には、食品、医薬品、情報・通信、鉄道、ガスなどの業種の銘柄。企業の収益が、景気の影響を受けにくい銘柄でもあります。生活必需品、社会インフラに関わる銘柄などを指すことが多い。これらは、景気が低迷し、株式市場全般に手詰まり感が出てきた時などに消去法的に選ばれて、買われることが多い傾向にあります。
「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」では、これらの業種、銘柄を比較してみることができます。「ボルテックス株価水準&早見表」です。複数同時に表示できますので、全体とのポジションが確認できます。ゴールデン・チャート社のオリジナル指標で、個別銘柄などの動きや、市場全体におけるポジションをとらえるツールです。
「GC HELLO TREND MASTER(R)」のチャートでも比較できます。業種別東証株価指数で景気敏感株とディフェンシブ株の比較をしてみましょう。
弾性値を使います。この弾性値については、5/29の放送でご紹介していますのでそちらをご覧ください。それぞれの業種(Aという業種とBという業種)を比較する・・ということも可能になります。
業種別東証株価指数のチャートに弾性値を設定して、景気敏感株とディフェンシブ株を比較していきます。このような側面から、今の景気の動向を考える上での参考としていただければいいですね。
ナビゲーター:青木

アラート機能で売買タイミングを見逃さない
(2014/6/16)

GCV最適化売買サインは、売買タイミングを教えてくれるサインです。しかし、毎日チェックしているつもりでも、「つい見落としてしまう」ということはあるものです。サインの見落としは、売買チャンスのロス、すなわち投資成績に影響を及ぼすことになります。それは避けたいものです。「GC HELLO TREDN MASTER(R)」に標準搭載されている「アラート機能」を活用すれば、売買タイミングを見逃すという心配もないでしょう。心配性の方にも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。
ナビゲーター:盛田

超長期投資について考えてみましょう!
(2014/4/10)

長期投資の考え方はとてもシンプルだと思います。良い銘柄を安いタイミングで買って、長期的に保有し続けて、最終的に、値上がり益を受け取る。資産を増やすということです。長く保有している銘柄では、その間、株価の上げ下げが幾度となくありますが、それでも保有し続ける。
哲学(信念)が必要になってきます。
毎日の値動きなどは、全く気にしない(出来ますか?)
銘柄に何が起きても動じない(くらいの気持ちを持って!)
それには、保有する(保有しようとする)企業の展望はどうか、また、その企業への信頼がなければ、長期間持ち続けることは難しい。そして、更に、長期間寝かせておいてもいいお金でなければなりません。
一口に「長期投資」といっても、なかなか難しい問題があります。
最終的には、テクニカルだけで判断するのではなく、その企業の全体像をしっかりと見極めることができれば、信頼感も増すことと思います。信頼して買う銘柄ですから、少々の上げ下げに一喜一憂することなくじっくりと構えてみるということも必要かもしれません。
ナビゲーター:青木

本日(3/26)
「GCBSレシオ」「GCBインデックス」を公開
(2014/3/26)

2014年3月~4月は新機能リリースラッシュということで、弊社サービスでいろいろなバージョンアップを行います。本日、「GC HELLO TREND MASTER(R)」と「GC OPTICAST〜投資で暮らそう〜」では、GCオリジナル指数「GCBSレシオ」「GCBインデックス」をリリースいたしました。書籍は今週末の3月29日発売号に新しく掲載されます。
今回はこの「GCBSレシオ」と「GCBインデックス」についてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

3月期決算の好配当銘柄をチェックする!
(2014/2/26)

2月も最終週に入り、3月決算の権利付き最終日まで約1ヵ月となりました。この時期になると配当を狙って、銘柄を購入する方もいらっしゃると思います。今回は、配当と配当利回りについてご紹介いたします。
ナビゲーター:中村

出来高が増えて出来高平均を超えた銘柄を確認
(2014/2/25)

出来高は株価の動きと密接に関係しています。良いニュースが流れた場合は、株価が上昇して、合わせて出来高も上昇します。悪いニュースが流れた場合は、株価が下落して、出来高が上昇します。
また、低迷を続けていた銘柄の出来高が増えてきた場合、注目度が上がっていることが考えられ、株価が上昇する可能性があります。反対に上昇を続けていた銘柄の出来高が減ってきた場合、注目度が下がっていることが考えられ、株価が下落する可能性があります。
それでは株価が上昇してきて、出来高が上がってきている銘柄を見つけるためにはどうすればいいか?それには「出来高平均」を使うのが、良いと思います。
ナビゲーター:中村

チャート画面上にメモを記入してみませんか
(2014/2/20)

今回は、チャート上にメモを記入する機能についてご紹介しましょう。メモ機能は、二通りあります。
1)チャートメモ設定(ご自分で記入するメモ機能です)
チャートを見ていて、ちょっとしたことをメモしておきたいと思ったことはありませんか?ご自分の持っている銘柄や気になる銘柄に、気が付いたことなどを記録できる機能です。本を読む時に、気になる部分に赤ペンを入れたり、一言添えたりする感じです。日記をつけるような感覚で活用されてもいいかもしれません。
2)ハローチャートメモ機能(日足チャートに表示されます)
個々の企業に関するニュースなどを、ゴールデンチャート社が作成して随時更新しています。

日経平均の「週足チャート」では、主だった経済・社会的なニュースの履歴が 表示されます。その時々の社会情勢や経済の動きなどがご確認できま す。 こちらも随時データを更新しています。
ナビゲーター:青木

日経500銘柄を19のストラテジーで検証!
(2013/11/15)

テクニカル指標(ストラテジー)で3年間の株価推移を検証してみましょう。ただし、検証期間については、いろいろな考え方があると思います。
長ければ長いほどいいのか? ちょうど良い期間というものがあるのか? 短期がいいという考え方もできる(流れに乗る!) いろいろなケースが考えられます。
個々の銘柄の株価の動きは一定ではありません。まさに、山あり谷ありです。あまりに短いと、その銘柄のリズム(波動)を捉えることは難しいです。長い間には、大きく上下したり、横ばったりと、いろいろなパターンの株価の動きがあって全体として、その銘柄の個性が出てくるのではないでしょうか。
個々の銘柄を地道に検証して、それぞれに合ったテクニカル(ストラテジー)や期間を見つけていくことが大切だと思います。
そう簡単には、答えを出してはくれません。
ナビゲーター:青木